サプリメントの本来の目的、積極的に補いたい不足しがちな栄養素

サプリメントを取る目的は、食事では不足しやすい栄養素を補うためです。
どんなに健康的な食生活をしていても、体にとって必要な栄養素を満遍なく摂取することは難しいのです。
日によって摂取する栄養にばらつきが出てくるものですから、栄養バランスを調整するためにサプリメントを摂取することは理にかなっています。

不足しやすい栄養素の代表的なものが、カルシウムやタンパク質です。野菜が苦手な人にとっては、ビタミンや食物繊維も不足しがちになります。
カルシウムが足りなくなれば、骨が弱くなって骨粗しょう症にかかる危険性が増大します。
足腰が弱くなりやすい高齢者の場合は、カルシウムとタンパク質を意識的に摂取することが欠かせません。
タンパク質が足りなくなれば、筋肉が衰えてしまい、体力が弱くなることにつながります。
ビタミンや食物繊維が足りなくなれば、美容や健康にとって重大な問題になります。

補う必要がある栄養素が判明したならば、サプリメントを利用してみるのが有効です。
全ての栄養素をサプリメントから摂取する必要はありません。
足りなくなってしまった栄養を補うのであれば健康的に利用できます。

魚や乳製品が苦手な人であれば、カルシウムとビタミンDのサプリメントを摂取するようにすれば効果的です。
足腰の健康が不安な人であれば、タンパク質とカルシウムを同時に摂取すると効果が増します。
肌荒れや便秘がひどいようであれば、ビタミンCと食物繊維のサプリメントを摂取するのがおすすめです。

むやみな摂取はサプリメントの本来の効果を妨げます
copyright(C)サプリメントの本来の目的とは
当サイト利用規約 管理人