サプリメントの本来の目的は足りない栄養を補うこと

サプリメントの本来の目的は足りない栄養を補うことです。
近年、美容や健康のためになるというサプリメントが多数開発されており、それを常用する人が増えてきていますが、そもそも人はそういった補助的に使用するサプリメントがない時代から健康的に生きてきたという歴史的側面を忘れてはならないのではないでしょうか。

人の健康は十分な栄養と休息からなっています。
栄養は食事から摂るものであり、食生活に十分に気をつけていれば何かが慢性的に不足してしまって体調が悪くなってしまうという事態は滅多にありません。
確かに、女性で鉄分がどうしても不足してしまうとか、カルシウムが不足してしまうということはよくあることだと思います。
適齢期の女性が食事から十分な量の鉄分やカルシウムを摂取するのはとても難しく、こういったときにサプリメントが効果を発揮してくれればサプリメントの本来の目的が達成されるということになります。

日常的にサプリメントや健康食品に依存して生活を送ってしまうと、そこで得られている健康的な生活というのは食生活の乱れをなんとか補うことで成立しているものです。
人の生活として本来あるべき姿から離れてしまっているということを反映してしまっているということに気づいて、食生活の乱れを正そうという動きに変えるのが理想的ではないでしょうか。
そして、補助的に健康食品等を使うことによってより豊かな生活を送ることができるようになるのです。

サプリメントで摂取するべき栄養素といえば過信は禁物。サプリメントは薬ではなく栄養補助食品です
copyright(C)サプリメントの本来の目的とは
当サイト利用規約 管理人